スクール規約

第1条(名称)

本スクールは、川口ラグビースクールと称す。

第2条(事務局)

本スクールの事務局は総務会計役員宅に置く。

第3条(目的)

本スクールは、子供たちがラグビーを通じてスポーツの楽しさ、厳しさを学び、健康で明るい社会人に成長することを目的とする。

子供達の将来に繋がるための、今やらなければいけない能力の開発を目的とする。

第4条(対象)

生徒は、幼児、小学生、中学生を対象とする。

第5条(活動)

本スクールの目的を遂行するために次の活動を行う。

ラグビーの基礎練習

県交流大会への参加

交流試合

レクリエーション活動

スポーツ少年団活動

その他本スクールの目的遂行のため必要な活動

第6条(期間)

毎年度4月1日にはじまり翌年3月31日に終了する。

第7条(会費)

生徒は会費規定により定められた会費を納入する。

第8条(指導)

指導者は、日本ラグビーフットボール協会の指導方針及び日本スポーツ少年団の理念を遵守し、本スクール基本指導方針にのっとり生徒の指導にあたるものとする。

第9条(役員)

本スクールに次の役員を置く

  • 代表 1名
  • 副代表 2名
  • 総務 1名
  • 会計 1名
  • 監査 1名

第10条(役員の選出)

前条役員は指導部及び執行部において部員より互選する。

第11条(役員の任期)

役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

第12条(役員の職務)

代表はスクールを代表し、スクールに関する事項全般を統轄する。

副代表は代表を補佐し、代表不在時はこれを代行する。

総務および会計はスクールの会計及び名簿管理、広報活動、渉外その他運営に関する実務全般を担当する。

監査は会計を監査する。

第13条(組織)

本スクールに次の組織を置く

指導部

  1. 技術指導全般、指導計画の立案、指導者養成、対外試合等のレフリーを務める
  2. 代表の指名及び指導者登録を持って部員とする。
  3. 役員として部長1名、副部長若干名を置く。
  4. 役員の選出は指導部員の互選による。
  5. 専門委員会はJr.、A、B、C、Dの各カテゴリーから選出された委員によって構成し、各委員長の選出は各々の委員の互選による。カテゴリー横断の横串組織としてその任に当たる。

レフェリー委員会

(役割)交流会でのレフェリー選任、レフェリー技術の向上、レフェリー講習会受講者の取り纏め

安全対策委員会

(役割)水や氷の準備、メディカルバックの管理、給水ボトルの管理、安全対策に関する情報収集とフィードバック

用具委員会

(役割)用具の保管・管理・補充

執行部

  1. スクール運営ついて協議決定するための運営委員会の開催。
  2. 役員として部長1名、副部長若干名を置く。
  3. 構成は次の通りとする。

総務・会計・渉外

行事運営担当

スポーツ少年団担当

第14条(顧問)

ラグビーの技術指導、スクール運営等に関する助言を得るため顧問を置く。

第15条(総会)

スクール運営の基本方針を決定するため、原則とし、毎年、年度当初に代表が指導部員、執行部員、保護者代表を召集し、総会を開催する。

第16条(審議)

総会は次の事項を審議する。

  • 前年度の活動及び会計報告
  • 本年度の活動計画及び予算
  • 役員の承認
  • その他必要な事項

第17条(議決)

総会は委任状も含め1/2以上の出席者をもって成立し、議決事項は出席者の過半数の賛成により決する。

第18条(個人情報保護)

入会および継続申込時に会員より得た個人情報は、スクール活動以外の目的には使用しない。例外として、監査役から監査目的で開示要請が有った場合は、その限りではない。

付則

本規約の改廃は総会において出席者の2/3以上の同意を必要とする。

本規約は平成10年4月1日より施行する。

  • (改正)平成12年4月23日
  • (改正)平成15年6月8日
  • (改正)平成16年4月25日
  • (改正)平成17年5月14日
  • (改正)平成21年8月9日

川口ラグビースクール細則

会費規定

  • ミニ年会費(年額) \12,000(2学期[9~12月]からの入会は、8,000円。3学期[1月~3月]からの入会は、4,000円)
  • ジュニア年会費(年額)\12,000(2学期[9~12月]からの入会は、8,000円。3学期[1月~3月]からの入会は、4,000円)

新中1特例

部活動とスクールJr.との両立を模索するなか、会費規定とは別に次のような特例を定める。

  • (適用者)特例を希望する中学1年生
  • (特例期間)4/1~5/31
  • (特例会費)\2,000(スポーツ安全保険、県協会登録料他各登録料を含む)
  • (特例終了)6月以降も継続して参加する場合は、通常の会費規定に従い年額から\2,000を減じた金額を納める。
  • 途中退会の場合、それまでに払い込まれた会費の返還はおこなわない。

その他会費

夏合宿、学期末行事等で参加者に対し別途会費を請求する場合がある。使途および金額については、運営委員会の承認を必要とする。

会費改定の手続き

年度途中で運営費不足が予見された時点で会計担当は、速やかに執行部に報告する。更に会費の改定が必要とされる場合は、予・実績対比可能な資料(以下、予実資料)と補正予算書を役員会に提出したうえで承認を必要とする。

また、予実資料と補正予算は会員の求めに対し、いつでも開示できるようにしておかなければならない。

旅費規定

代表者会議および講習会等にスクールを代表して参加した場合、旅費テーブルに記載された旅費が支給される。

交通費(実費)が旅費テーブルに記載された旅費を超えた場合は、その差額分を経費申請書により請求することが可能。

旅費テーブル

地域 費用
都内(山手線内)・戸田・南浦和・草加 \1,000
所沢・浦和大原・大宮・三郷・葛飾 \2,000

川越・さやま・上尾・鴻巣・キズーチ・柏 \2,500
飯能・小川・東松山・熊谷・千葉 \3,000


付則

本細則の改廃は総会において出席者の2/3以上の同意を必要とする。

本細則は平成15年6月1日より施行する。

  • (改正)平成16年4月25日
  • (改正)平成17年5月14日
  • (改正)平成21年8月9日
  • (改正)平成22年5月29日